IT業界で働く前に考えておきたいこと

IT業界で働く前に考えておきたいこと


プログラミングを勉強してIT企業へ就職しようかなと考えている方も多いと思います。
そこで今回はどんな企業がいいかなど就職するうえで参考になりそうなことを僕なりにまとめました。


IT企業にもいろいろある

IT企業といっても色々な形態があります。

  • 自社サービスを持っていてその開発と運用を事業の主軸にしている企業
  • 依頼されてシステム開発を行う受託開発を主軸にしているSIerとよばれる企業
  • エンジニアを派遣してその単価で利益を上げている企業

他にもあるかもしれませんが、僕が知っているのはこの三つです。
大体このどれかに当てはまると思います。

可能であれば自社サービスを持っている企業

可能であれば自社サービスを持っている企業に就職するのがいいと思います。
僕が思うこのような企業いいところをまとめます。

  • リリース日やシステムの設計など自分たちで決定でき、いろいろ融通が利く
  • アイデアを生み出してサービスを作っているので、そういう環境で働くことにより創造的な仕事をすることができる
  • プログラムなど工夫して作ればそれが周囲に広がり次の開発にも活かされる
  • サービス次第ではそれがうまいこと世間に受け入れられ莫大な利益を上げることもできる
  • これらの理由によりモチベーションを保つことができる

SIerやSES企業はなるべく避けたほうがいい

このような形態の会社はなるべく避けたほうがいいような気がします。

基本的に爆発的な利益を上げることができません。
定期的に一定の金額をもらうだけだからです。

また依頼主の希望通りにシステムを構築しなければいけませんから、そこに創造性が入る余地はありません。


時々IT企業であるにもかかわらず、リソースが足りないなどの理由で自分たちで開発せずに下請けに任せる方々がいます。
こういう人たちのシステムを受注して開発するのは結構面倒くさいです。
IT企業の人間故、なまじ知識があるため変なところでつっこみが入ったりします。
モチベーションも下がりますよね。

場合によってはかなりタイトスケジュールを要求されることもありますし、休暇を取る際もいろいろ面倒くさいです。
なぜなら相手方といろいろと調整しなければいけないからです。

ようするに先ほど記載した自社サービスを持っている企業のいいところや恩恵を受けられないのです。

なので会社を選ぶ際は事業内容をきちんと確認することが重要です。

ちなみにこのSIerやSESってアメリカにはあまり見られないことらしいです。
アメリカではサービス内製することが多いからです。

日本のITが世界的に見て微妙な理由は日本のITがこのような構造で成り立っているからだと思います。

そもそも就職するかどうかを考える

テーマとずれてしまいますが、そもそも組織に属さないという選択もありだと思います。

一人でサービスを考え一人で開発するということです。
これには時間がかかりますが、
自分の名前でサービスを展開するということが自分の市場価値を上げていきます。
単に勉強しただけだと業界的には未経験とみなされてしまいます。
個人でアプリを作ったということがアピールポイントになったりします。

手っ取り早い方法としてはandroidアプリを作ることだと思います。
開発からリリースまでが割とスムーズに進みます。
参考書もかなり豊富にそろってます。

おすすめのプログラミング言語

最後に一応おすすめのプログラミング言語を紹介します。
python… webアプリ、セキュリティー、機械学習など様々な分野で使われています。

Ruby… webアプリで広く使われているイメージがあります。とはいえ汎用性は高い言語だと思います。ペネトレーションツールのMetasploitはrubyで作られています。

Java… webアプリ、業務システム、androidアプリの開発で活躍しています。

他にも数えきれないほどありますが、個人的にはc/c++やJavaなどのコンパイル言語とpythonやRubyなどのスクリプト言語を一つずつ習得するのがいいと思います。

ちなみに僕個人としてはRustが気になって仕方がありません。

プログラミングを勉強するための教材として参考書を買うことが多いと思います。
参考書を買う際の注意点として単なる文法や機能を紹介しているものではなくて、
それなりに形になっているサンプルアプリを作ることを目的とした参考書を買うことをお勧めします。