Androidの省電力設定


Androidでは様々な設定で省電力を実現できます。

画面の明るさの設定


Androidには画面の明るさ自動調整機能があります。
この機能が有効になっていると周囲の環境に応じて、
Androidが画面の明るさを調整してくれます。
しかし画面を明るく保つことでバッテリー消費を抑えることができます。

データ通信


インターネットなどのデータ通信もバッテリーをそれなりに消費します。
端末を操作していない時でもシステムがバックグラウンドでデータ通信を行っていることがあります。
データセーバーを有効にすることでこれを無効にすることができます。

スリープまでの時間の設定


なんなら画面を表示させているだけでもバッテリーを消費します。
そのためにスリープ機能があります。
スリープまでの時間を短くすることも省電力に多少は貢献します。

まとめ


基本的に必要のないものは無効にしましょう。

モバイルバッテリーを携帯するのもいいかもしれません。

ある程度年季の入った端末だとそもそもバッテリーの持ち自体が悪くなります。
最高でも2年ほど使ったら機種変更も視野に入れるといろいろな意味で得かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です